乳液


スポンサードリンク

基本の乳液の作り方

界面活性剤の入っていない乳液です。
なので、使うときによく振って混ぜ合わせてから使います。

 

材料は精製水とオリーブオイル、グリセリンの3つです。

 

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、人の皮脂の成分に近いと言われており、スキンケアに使えば肌によくなじみ、お肌を乾燥から守ってくれます。

 

基本の乳液の材料

  • 精製水  15ml
  • オリーブ油  15ml
  • グリセリン 3〜5ml


オリーブオイル(化粧品グレード)

 

基本の乳液の作り方

  1. 精製水とグリセリンをよく混ぜ合わせる。
  2. 1にオリーブ油を少しずつ足してその都度良く混ぜ合わせる。

 

 

時間が経つと分離してしまうので、使用する時は良く振ってから使用します。

 

お好みでラベンダーなどの製油を1〜2滴入れて香りをつけると素敵ですね。

 

1週間くらいで使い切ってください。

 


オリーブオイル 500ml(化粧品グレード)
ショップ:自然化粧品研究所




◆注意!◆◆◆
ご紹介した美容レシピは、あくまで伝承や自家製、おばあちゃんの知恵等なので必ずしも効果があるとは保証できませんし、人によっては、肌や身体に合わない場合があります。 有効成分でも、体質によってはかぶれや湿疹などのトラブルになることもありますので必ずパッチテストをして下さい。

※注意事項等について詳しくはこちらをご確認ください。
↓ ↓ ↓
「手作り美容レシピとキット」の注意とお願い

◆お願い◆◆◆
掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

ご使用の際、またはご使用後のトラブルに関しては当方では責任を負いかねますので、ご了承頂いた上でご利用ください。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。

page top