卵の薄皮美白水の作り方


スポンサードリンク

卵の薄皮美白水の作り方

卵の薄皮美白水

 

卵の薄皮で作る化粧水です。

 

卵の薄皮に含まれる天然ヒアルロン酸が老化防止に役立ち、シワが目立たなくなるとか!
紫外線対策にも!

 

以前母に、「卵の白身をこまめに目の下や目尻に塗っていると、小じわが目立たなくなるらしい」という話を聞いたことがありましたが、なるほど化粧水を作ればよいのですね!
・・・ということで作ってみました。

 

卵の薄皮化粧水は、
まず原液(3か月分)を作ります。
原液のままでは、美白水としては使えませんので、調合材料と合わせて1ヶ月分ずつ(毎月)作ります。

 

生卵10個分の薄皮が必要ですが、ウチではいっぺんに10個取れないので、料理するたびに薄皮をはがし、乾燥させてホワイトリカーに漬け込んでいます。

卵の薄皮化粧水の材料

<原液3カ月分>

  • 卵の薄皮  10個分
  • 昆布     3g
  • ホワイトリカー 150ml

 

<1か月分の調合材料>

  • 精製水  40ml
  • グリセリン 10ml
  • クエン酸  適量

 

 

卵の薄皮美白水の作り方

まずは原液を作ります。

<卵の薄皮美白水・原液の作り方>
  1. 卵の殻を、流水でよく洗い、薄皮をはがします。
  2. 洗って2〜3時間ほど水に卵の殻をつけておくと皮がはがしやすいです。

     

    はがすときは、殻を割りながら薄皮をつまんで、そ〜っとはがします。

     

    慣れればうまくはがせるようになるので、頑張ってください。

     

  3. 薄皮をざるなどに広げて乾燥させます。
  4. 昆布の表面を乾いたふきんで軽く拭いて汚れを取り、5mmくらいの幅に切る。
  5. 密封ビンに卵の薄皮、昆布、ホワイトリカーを入れる。
  6.   卵の薄皮と昆布がホワイトリカーに浸かるように!

     

  7. 密封して冷蔵庫に保管する。
  8.   10個分の薄皮を入れた日から、1週間経てば原液の出来上がり!

 

※原液は最初の卵の薄皮を入れてから半年保存可能です。
 薄皮と昆布は入れたままの保存でOKです。

   ↓ ↓ ↓ 
原液が出来たら1か月分の卵の薄皮美白水を作ります。

<1ヶ月分の卵の薄皮美白水の作り方>
  • ビンなどに<原液>50mlを入れ、<1か月分の調合材料>を加えてよく混ぜれば出来上がり。

 

注意!
※まとめて作らずに毎月調合して、1か月で使い切ってください。
※保存料が入っていないので、保存は冷蔵庫で!

 

朝晩の洗顔後に使ったり、昼間乾燥している時などは、お化粧の上からスプレーしています。

 

お化粧の上からでも使えるので、乾燥気味の時はとても助かります。

 

 

図書館で調べたら、「キッチンでつくる美白水&美髪水」という本があって、それによると、クチナシの実を砕いて中身をひとかけら原液に入れておくと美白効果がUPするとか。

 

クチナシの実は半年後に原液から取りだします。

 


キッチンでつくる美白水&美髪水




◆注意!◆◆◆
ご紹介した美容レシピは、あくまで伝承や自家製、おばあちゃんの知恵等なので必ずしも効果があるとは保証できませんし、人によっては、肌や身体に合わない場合があります。 有効成分でも、体質によってはかぶれや湿疹などのトラブルになることもありますので必ずパッチテストをして下さい。

※注意事項等について詳しくはこちらをご確認ください。
↓ ↓ ↓
「手作り美容レシピとキット」の注意とお願い

◆お願い◆◆◆
掲載されている記事等の閲覧、ご利用はお客様の責任で行うことをお願いいたします。

ご使用の際、またはご使用後のトラブルに関しては当方では責任を負いかねますので、ご了承頂いた上でご利用ください。

また掲載されている記事・画像などの無断コピー及び転載を禁止します。

page top